便秘・ゴボウ

便秘によい食べ物(ゴボウ)

便秘によい食べ物(ゴボウ)の注目の栄養素と主な働きを紹介

ゴボウは食物繊維が豊富なお野菜として有名です。
ごぼう100g中の食物繊維はなんと5,7gも含まれています。

イヌリン

 

ゴボウに含まれる主な栄養素は「イヌリン
イヌリンは不溶性の食物繊維です。

 

つまり便の水分量を増やしてくれる働きがあります。
(便の水分量が増えると膨らむので、腸を刺激して便意を催してくれます。便秘にはもってこいの食べ物です。)

 

オリゴ糖

 

ゴボウにはオリゴ糖が豊富に含まれています。(3.6g/100g中

 

オリゴ糖は腸内環境をよくしてくれて便秘を改善してくれる働きがあります。

 

サポニン

 

ゴボウには「サポニン」と呼ばれる成分が含まれています。
サポニンは血流環境をよくしてくれる働きがあります。
特に便秘にお悩みの人は、冷え性に悩んでいる人が多いのが現状です。

 

冷えは便秘には大敵です。(冷えによって臓器の活動が停滞します。)
そういった意味からも冷えの改善は、便秘にとってもよい訳です。

 

おすすめの食べ方

 

キンピラゴボウ

 

やはり同じく食物繊維が豊富な人参やヒジキなどと一緒に

 

きんぴらゴボウにして食べるのが一番です。