便秘によい食べ物(ヨーグルト)について

ヨーグルト

ヨーグルトは便秘によい食べ物としてここ数年認知されてきた食べ物ですよね?

 

臨床結果からその理由を考察してみると、
ヨーグルトに含まれるビフィズス菌が、
プロバイオティクス」の役割を果たしてくれるからです。
私たちの腸内で身体にプラスの働きをしてくれる微生物の事

 

ヨーグルト

 

つまりビフィズス菌は腸内で善玉菌を増やして、
乳酸や酢酸を作り悪玉菌を減らしてくれる働きがあります。

さらに悪玉菌が減って善玉菌が腸内で多くなれば、
便秘はもちろん腸内にウイルスや細菌の侵入を防いでくれたり、
成人病の予防にも活躍してくれる訳なのです。

しかし年齢にともない、
ビフィズス菌をはじめとする乳酸菌はじょじょに減ってきます。
(生まれたての赤ちゃんは腸内は100%善玉菌ですが、
大人になると20%程度にまで善玉菌比率が減少すると言われています。)

 

よって善玉菌を増やす意味でもヨーグルトを摂取する事は非常に重要です。

 

ただヨーグルトに含まれるビフィズス菌などの乳酸菌は沢山の種類があります。
株菌が違うと効果や効能が違ってきます。

 

商品を購入する前に、
事前に自分の目的にあったビフィズス菌が入っているかどうか?
を確認した方が間違いないと思います。