妊婦さんが便秘になりやすい原因とは?について

妊婦さんが便秘になりやすい原因とは?

女性はもともと便秘になりやすい体質です。
そして妊娠する事によってその傾向がより一層顕著になります。

 

ではなぜ?妊婦さんは便秘になりやすくなるのでしょうか?
その原因を探っていきましょう!

 

お腹の圧迫

 

妊娠すると子宮が大きくなる為に周辺の臓器が圧迫されやすくなります。
特に腸は子宮の位置的関係から圧迫されやすい臓器です。

 

子宮によって腸が圧迫されると腸管が狭くなり便が出づらくなります。

 

黄体ホルモン

 

妊娠すると「黄体ホルモン」と呼ばれる女性ホルモンの分泌が活発になります。
この黄体ホルモンは、

 

流産をしないように子宮筋や腸筋を活発化させないようにします。
また体内に水分をため込みやすくして、大腸からの水分の吸収を活発にさせて便の水分を奪いやすくさせます。

 

運動不足

 

妊娠中は激しい運動は厳禁です。
運動不足によって腸内の蠕動運動が低下する事によって、便秘になりやすくなります。

 

自律神経の乱れ

 

妊娠中はホルモンバランスが乱れる為に、
自律神経が乱れてしまいます。

 

自律神経はお通じの指令を司る大切な神経でもあります。

 

野菜不足

 

つわりが特にひどくなると食欲不振に陥ります。
それによって食事の量(野菜の量)が減り便の量も当然減ってきます。

 

 

>>妊娠中の便秘の解消方法についてはこちら