便秘薬の種類と効果について

便秘薬の種類と効果について

便秘薬の種類と効果について紹介致します。

 

便秘薬も下剤も基本的には同じ薬です。

 

便秘薬には大きく分けて以下の2つの種類があります。

 

「刺激性便秘薬」

 

大腸に刺激を与えて蠕動運動を引き起こさせて便通を促進させるお薬

 

さらに以下の成分によって細かく分類されます。

 

@アントラキノン

 

「アントラキノン」成分を含む便秘薬です。
効果はかなり強くて重症な場合の便秘に効果を発揮します。

 

ただし服用しすぎると副作用で腸の働きが逆に鈍くなり便秘が慢性化します。

 

Aジフェニルメタン

 

「ジフェニルメタン」成分を含む便秘薬です。
アントラキノン系に比べると効果はソフトな分、副作用もソフトです。

 

「機械性便秘薬」

 

機械性便秘薬は腸内にたまった便に水を加える事によって、
固くなった便を柔らかくして排便を促す効果のある便秘薬です。

 

機械性便秘薬をさらに細かく分けると以下に分類されます。

 

@膨張系

 

水分と一緒に摂取すると腸内で水分が吸収されて膨張して、
便も同時に膨れ上がり便意を催すタイプの便秘薬です。

 

Aマグネシウム系

 

腸内に浸透圧の高いマグネシウム(塩分)を注入する事で、
腸内の水分量が増えて便を柔らかくして排便を促す便秘薬です。

 

B座薬系

 

経口からではなく肛門にお薬の入ったカプセルを注入する事によって、
腸内を刺激して排便を促す便秘薬です。

 

!ただいずれにせよ便秘薬は一時的な便秘を解消する為のお薬にすぎません!
長期的にわたって服用していると、副作用が出てきますのでご注意が必要です。