便秘薬の副作用について

便秘薬の副作用

便秘薬の副作用について紹介していきます。

 

便秘薬には漢方が使われているものもありますが、
薬である以上、一時的に大量の服用や、長期的にわたる服用は当然‘副作用’の危険性があります。

 

なぜならば自然なリズムで起きる排便が、
薬によって人工的に腸を刺激したり、便に水を多く含ませて便を柔らかくして排便を促すからです。

 

便秘薬の種類ごとに副作用をまとめてみました。

 

アントラキノン系

 

便秘薬に広く用いられる「黄金」や「センナ」を含んでいるのがアントラキノン系の便秘薬です。

 

アントラキノン系の便秘薬の副作用は、
長期的服用によって耐性がついて効き目が薄れてくる点です。
それによってさらに服用する量が増えるといったさらなる悪循環に陥ります。

 

そして妊婦は絶対に服用禁止です。
(流産や早産の危険性があるからです。)

 

ジフェニルメタン系

 

ビサコジルやピコスルファートナトリウムなどの便秘薬が代表的なものです。

 

これらの便秘薬は腸にソフトな刺激を与えて自然に近い排便を促すのが特徴です。

 

副作用は比較的少ないと言われています。
(その分、効き目が少し弱い部分があるかもしれません。)

 

マグネシウム系

 

マグネシウム系便秘薬は腸内の水分を増やして排便を促すお薬です。
副作用としては大量に服用すると逆に下痢になりやすいという注意点があります。

 

ただし腎臓疾患の病気をお持ちの人には、
マグネシウムが溜まりやすい危険性があり、
副作用として高マグネシウム血症を引き起こす危険性があります。

 

膨張系

 

お水と一緒に服用する事で腸が膨張して腸内にたまった便を一気に出すお薬。
いわゆる‘下剤’です。

 

膨張系のお薬の副作用に関しては、
腹痛や下痢や吐き気を伴う場合があります。

 

まとめ

いずれにせよ便秘薬は長期服用によって、
必ずなんらかの副作用があります。

 

便秘薬は一時的な対処療法として留めておき、
長期的にはお薬に頼らないようにする為にも、
食生活の改善や適度な運動によって便秘を改善していく必要があります。